大山の雪どけ水や雨水がブナ原生林で生成され、その清水が下流へと導かれ、 そして浄水されたおいしい水を安心して飲むことができるのと同じように、 物づくり面では品質を左右する条件を生産工程の上流で確実に管理していく仕組みづくりに徹し「100%良品生産」を目指していきます。

日野川上流から清水が勢いよく下流へ流れていくように、お客様からのご要望に迅速に対応し、 ご満足いただけるよう「スピード感」をもってお応えしていきます。

生産に対する考え方の原点は、日野川の清流のごとくサイクルタイムで規則正しくつくっていけるよう スムーズに物が流れる(整流)ことにあると考えます。 工程間の仕掛り及びつくり過ぎ等のムダを排除し生産効率を高め「低コスト物づくり」を限りなく追求していきます。