~ Grid ~

木組み格子の美しさを活かすため、LED回路と配光に工夫を
凝らし、あたかも格子の奥全体が面として光っているような
デザインとしました。 周囲が暗くなり、人が近づけば
自動的に点灯しますので、常時点灯の不要な玄関や
廊下などに最適な照明です。

製品サイズ 274mm×274mm×60mm
AC100V 50/60Hz アダプター電源
¥60,000
 

~ Wappa ~


  杉材を蒸すことによって曲げ、曲面に加工する《わっぱ》の
伝統技術をシェードに用い、モダンなLED照明にしてみました。
《わっぱ》が宙に浮いているようなイメージを実現するため、
LEDを円筒形に配置した独自の光源を開発することで、伝統と
モダンさの融合したデザインが生まれました。

製品サイズ 300mm×300mm×1500mm
AC100V 50/60Hz アダプター電源
¥80,000
 

~ Butterfly ~


  その名のとおり、杉の板目の造形を蝶々の羽に見立てた照明です。 オリジナルのLED光源の開発により、電球形や蛍光灯型のLEDでは実現不可能なデザインを実現しました。 蝶々の羽と光の帯が織りなす光の造形が、単調な玄関や廊下、階段に楽しい演出を設えます。

製品サイズ 300×250×180mm
AC100V 50/50Hz コンセント電源
¥38,000


  ~ Column ~

  町家の格子戸のイメージを円柱にあしらい、直管蛍光灯型の
光源を使用しました。
LEDの真っ直ぐな白い光が格子のストライプと出会うことで、
今までなかった新しいインテリア照明でありながら、
どこか懐かしさのあるデザインとしています。
玄関やリビングを彩るアクセントに。

製品サイズ 300×300×1100mm
AC100V 50/50Hz コンセント電源
¥150,000


   

智頭100年杉の美しさを現代のライフスタイルに

鳥取県の東南に位置する智頭町は「杉の町」。全国的にも評価の高い美しい杉材の産地です。この美しい杉材の中でも、智頭100年杉は、その品質の高さと木目の緻密さから、建築材のみならず家具、工芸品など、様々な分野の製品に幅広く利用されています。
『Be SUGI Project』は、智頭100年杉の美しさを、現代のライフスタイルに活かす製品デザインを目指し、生活を美しいもので設えていた昔ながらの日本の心を、「杉と暮らす」ことの素晴らしさを、たくさんの人に感じていただきたいという願いを込めて研究開発を進めています。



杉による光の造形を活かすカスタムLED光源の開発

今では電球型や蛍光灯型のLED照明は広く普及が進み、すでに多くの家庭で利用されています。しかしながら照明器具自体はそのほとんどが従来とほぼ同じ製品であり、LED専用として開発された製品であっても、従来品の踏襲、あるいはリファインに留まっているものが多いように思われます。
『Be SUGI Project』は、「智頭杉の美しさを活かしたインテリア照明とは何か?」をテーマに開発を進めていますので、杉が織りなす光と陰の造形が人々に感動を与えられるよう、光源となるLEDの配置や基板のレイアウトをゼロから検討し、智頭杉ならではのLED光源を開発しています。